30歳 平均月収で手にした 社長待遇のサラリーマン生活!


自分の月収は、平均月収よりも高いのだろうか?

 

30代ともなると、キャリアも基盤ができはじめ、

出世する人もいるだろう。

結婚する、子供が生まれるといった、
新しいステージへ上がっていくからこそ、
手に入る収入も、出ていく支出もどんどんと
大きくなっていく時期だ。

平均月収より低ければ、いいところに転職したい!!
平均月収より高ければ、ちょっと安堵。

でも全然足りない。
もっと必要!!と息巻く人もいるのではないだろうか。



さて、では気になる答えだが、
まず30歳代のサラリーマンの年収は、平均450万円!
手取り年収は、約380万円!

※国税局の民間給与の調査から抜粋。

賞与・ボーナスの金額を仮に、
夏に給与2か月分、冬に給与2か月分とするなら、

 

 

30歳代のサラリーマンの平均月収は、約28万円!!
手取りは、約月24万円!!

という数字になる。


東京都のような都心で、家族を持ち、子育てするとなると、
月24万円なんてあっという間に超えてしまう。
この先、どうなるのか不安になる人もいるだろう。


年収500万円で叶える 社長待遇の生活

ちなみに、私も30代サラリーマンで、
年収は、ほぼ平均値の500万円。
月収も31万円、手取りは月約26万円だ。

上司にも能力を認められず、万年、平社員。
出世見込みなしの、将来性皆無のダメ社員だと思う。

しかし、そんな私は、実はとてもセレブな生活をしている!!

 

 

①家にプールがある!

②家にジムがある!!
③自分専用のドライバーがいる!?
④自宅にメイドがいて、家事を全部やってくれる!!??

 

どこの社長だ!?
いえ、私は、前述のサラリーマン平社員。
親が裕福だったわけでもない。

では、どうやってこの優雅な生活を手に入れたのか?


フィリピン移住で叶えた 豊かな暮らし

私は、昔は東京で働くサラリーマンだった。
だが、増える残業、伸びない収入に嫌気がさして、
フィリピンへと移住した。

現在、日本法人に所属し、海外駐在という形で仕事をしている。


結果、平社員でも手当てがついて給与が上がり、
物価や人件費が驚くほど安いので、

上述のサラリーマン生活ができるようになったのだ。


参考に
●フィリピンの人件費
 ・大学卒業の新卒が1万ペソ(2万4000円程度)
 ・通いのメイドさんの給与5000P(月1万2000円程度)

●フィリピンの物価

 ・ビール330ml 1本28P(70円程度)
 ・昼食(米+1品)1食40P(100円程度)
  ※フィリピンのローカル食堂
 ・日本レストランの定食 1食400P(1000円程度)

人件費は、日本に10分の1程度!
物価も日本の2分の1から3分の2程度!!

年収500万円、月収30万円でも、体感的に
日本の1000万円~1500万円程の生活ができる計算だ。


フィリピン移住で手に入れた たくさんの恩恵


①小遣いが使いたい放題になった。

物価がたかがしれてるので、節約する必要も一切なし。
好きな時にいくらでもビールが飲めるようになった


②節約せずとも貯金できるようになった。

物価が安いから、日本と同じような品質物を
半額か30%OFFで買えるようなもの。
何もせずとも貯金ができるようになった。

 

③満員電車に乗る必要がなくなった。
ドライバーが朝晩送迎してくれるから、
朝電車に乗る必要なし!
楽々出勤し、休日も昼からビールを
飲むこともできるようになった。

 

④家事がいっさい不要になった。
メイドさんが家事をしてくれるので、
風呂掃除や、皿洗い、ゴミ出しなど一切やっていない。

 

⑤家族と過ごせる時間が増えた。
家事や、電車での通勤、保育園の送り迎え等も
不要になった結果、家族との時間が増え、
家族円満に。

 

⑥子供が3か国語話せるようになった。

 

娘が1歳になったときに、フィリピンに連れてきたのだが、
3歳になった娘は今や英語とタガログ語を話すマルチリンガル!
英語の発音ははるか昔に私を超えてしまった。
※フィリピンは英語が公用語であり、東南アジアでシンガポールや
 マレーシアを抑え、東南アジアNO1の英語能力。

 

 

ただ住む国を変えるだけで、手に入る自由と豊かさ。


平均月収を気にしていたのは、はるか昔。
小遣いや節約に励むことも、出世しようと上司にへつらうことも
一切なく、月収で測れないはるかに豊かな生活を手に入れた。

ただ、住む国を変えただけで。


結婚・出産・育児。
どんどん変わっていくライフステージ。
想像以上に高い出費に比例して焦る心。
増えるサービス残業、伸びない年収。

だが、視点を変えて、一歩海外に飛び出せば、
そこには30歳の平均月収など全く気にする必要のない
自由と豊かさが待っている。


日本のサラリーマンの生涯年収は2億円といわれる。
日本にいては、生活費に、教育費、老後資金、足りない年金で
とても満足とはいえないが、海外で2億円あったら、
億万長者になるもの夢じゃない!!

さぁ、世界へ羽ばたこう!
一緒に海外で働き、子育てし、自由を手にする
仲間が増えることを願っている。

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
管理人プロフィール

管理人:町田  海渡 (かいと)

年収500万円、3歳の娘が一人いる
30代サラリーマン平社員。

しかし、その生活スタイルは、
まるで社長!!

ドライバー・メイド・乳母を雇い、
プール・ジムのある家に居住。

昔は、東京で働いていたが、
 ●たまらない貯金!!
 ●とまらない残業!!
 ●見つからない保育園!!
 ●信じられない教育戦争!!
に挫折。

フィリピンへ転職することを決意。
今の社長待遇の優雅な
サラリーマン生活を手に入れた。

娘は3か国語を話す
スーパーガールへと成長中。

⇒ 町田海渡は、頭のネジが5本外れているらしい。

最近の投稿