サラリーマンは、アルバイトするより○○しよう!


給与が足りない!!アルバイトをするしかない??

頑張って遅くまで働いても、サービズ残業。
一向に昇進する気配もなく、手元に残る給与は少ない。

そんなサラリーマンが思う収入を増やす方法の一つに、
「副業」をするのが基本だろう。

サラリーマンの副業というと
●アルバイト
●アフリエイト広告収入
●せどり
●個人輸入
●ネットワークビジネス
●投資

というのが、一般的ではないだろうか。

私自身、東京で仕事をしていたころ、非常に貧しかった。
なので、すべてやってみたのだが、サラリーマンに向いているのは、
圧倒的に「投資。」
次にギリギリアルバイトが一番シンプルだと思う。


他の副業が難しい理由

 

①アフリエイト広告
昔のようにウェブを適当に作って、広告掲載をすれば
お金が手に入る時代はとっくの昔に終わってる。
グーグルもヤフーも検索エンジンが賢くなっているから、
ただのコピーや内容がないウェブサイトは、検索順位が低く、
閲覧者が少ない。
何十時間と記事を書いてもお金にならないなら、
引っ越しのアルバイトで手堅く日当1万円稼いだほうが
話が早い。

②せどり・個人輸入
本が一般的だが、価格差を見極めて価値ある商品を安く
仕入れ、高く売る仕組み。
今はアマゾンのように簡単に個人で梱包・出荷もできる時代だが、
よっぽと何かに詳しかったり、頻繁に海外に行ったりしないと、
価格差のある商品を見つけにくい。
在庫リスクもあるのも欠点だ。


③ネットワークビジネス

健康商材をはじめ、確かにいい商品も多いのだが、
ネットワークと聞いていいイメージを持つ人は少ない。
友人に売り込もうものなら、一気に信頼関係が崩れかねない。
お金はいくらでも稼げるが、信頼を築き上げるのは
非常に手間と時間がかかる。

加えて、ネットワークビジネスは不労収入というが、
私からいうと、基本ウソ。
確かに、収益形態がそのようになってはいるが、実際は
セミナーを受講し、勉強し、友達にアポをとって、商談。

成立後もその契約者が辞めないようにパーティーしたり、
一緒に勉強したり。ひとたび契約者の友達が辞めようものなら、
夜中だろうと必死に説得しないといけない。

リストがない中、新規開拓からフォローまで全て一人でやるので、
冷静に考えると非常に高度なレベルの営業だと感じるはずだ。


アルバイトをすることで、失う機会費用。

じゃぁ、やっぱりアルバイト?となるかもしれないが、
上述のものに比べると、まだマシだと思う。

日雇いの引っ越しのようなアルバイトであれば、
あまり勉強することも少なく体力勝負。

勉強時間も対して要らず1万円くらい確実に稼げる。
労働に対して、確実に報酬を得られるのは、
他にはない魅力といえる。

しかし、私はこれも反対。
やはり、労働収入だからだ。
1万円というと確かに大きいけれど、結果、
貴重な休日がつぶれてしまう。

本来はその時間は家でゴロゴロするもよし、
奥さんと一緒にデートするもよし、
子供と一緒に一日遊べる日だったかもしれない。

しかし、その時間を売って、お金に帰るわけだ。
ただでさえ、平日一緒にいられないのに、
休日まで仕事にしてしまったら、一体何のために
お金を稼ぐのだろう?

働いた時間だけ、お金がもらえるものという
既存の価値観を壊さなければならない。


 

サラリーマン最強の副収入は、「投資」の1択。

でも、お金がないから仕方がない!!という人もいると思う。

だが、世の中には、自分が寝てても、働かなくても、
お金がお金を生む方法がある。

それは、「投資」だ。

投資経験がない人は、投資というと、
不動産投資をして借金地獄とか、
FXをして大損する、株に投資して大暴落といった
恐怖のイメージが専攻するかもしれないが、それは稀。

FXも信用取引(自分の持っている預け金の25倍の金額まで投資できる)を
しなければ、基本的にロスカット(自動で取引終了で預け金が0になる)
することはないし、借金を背負うこともない。

株も価値が3分の1や3分の2になることはあっても、
0になることはまずありえない。

不動産も保守的にそろばんをしっかり先にはじいておけば、
借金地獄にはまることはまずない。



タンス預金や、銀行預金は確かに減らないが、増えもしない。
本当に収入を増やしたければ、多少のリスクは必要だ。

国の債権なども投資の1種で、日本国がつぶれない限り大丈夫な
投資商品だが、極めてローリスクで、ローリターンで、
銀行の貯金よりも利回りが高い。

株やFXはハイリスク・ハイリターンといわれるものだが、
しっかり勉強し、大勝しなくても負けないようにできれば、
十分小遣いが稼げる。

どこかで、労働することで収入をえるスタンスを変えない限り、
時間は限りがある。24時間働き続けられない以上、
収入の上昇にも限界があるし、体力的にも家族との時間的にも
厳しくなっていくだろう。



まずは、投資信託から毎月3000円投資を始めてみる。

そうはいってても、急に投資をするというのは、無理があるので、
まずはネット証券口座を開設し、投資信託を毎月買い始めることから
始めてみよう。

一度買ったら、自分は何もしなくていい。
その投資商品が、勝手に株を取捨選択して取引してくれるものなので、
勉強する必要も一切なし。

投資の基本については、ほかの記事で詳しく説明するが、
この手法で手軽にお金がお金を生むことを体感できるはずだ。

投資に慣れてきたら、サラリーマンは銀行から低金利でお金を
融資してもらえるので、そのお金で不動産などの安定的で
ミドルリスク・ミドルリターンの投資に手を伸ばす。

うまく融資を活用すれば、自分のお金を一切出さず、
家賃収入を年50万円程度発生させることもできる。
一度物件を買えば、管理会社に任せれば特にすることは
ないので、非常に簡単だ。

引っ越しのアルバイト50回分に匹敵するので、費用対効果的にも
どちらが効率がいいかは明白だろう。



何のためにお金が必要なのか、明確にしよう!

収入を増やすために会社に依存せず、
アルバイトをしようというのは決して悪くない。

時間も体力的にも厳しくなるのはわかりつつ、
挑戦しようというので、非常に挑戦心あふれているだろう。

ただ、それは何のために稼ぐお金なのか、
もう一度考えてほしい。

もし、家族のためと思うなら、その労働時間に
ほかにできたことはないだろうか?

時間を犠牲にせずに、収益を上げる手立てがないか。

じk


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
管理人プロフィール

管理人:町田  海渡 (かいと)

年収500万円、3歳の娘が一人いる
30代サラリーマン平社員。

しかし、その生活スタイルは、
まるで社長!!

ドライバー・メイド・乳母を雇い、
プール・ジムのある家に居住。

昔は、東京で働いていたが、
 ●たまらない貯金!!
 ●とまらない残業!!
 ●見つからない保育園!!
 ●信じられない教育戦争!!
に挫折。

フィリピンへ転職することを決意。
今の社長待遇の優雅な
サラリーマン生活を手に入れた。

娘は3か国語を話す
スーパーガールへと成長中。

⇒ 町田海渡は、頭のネジが5本外れているらしい。

最近の投稿