上司のパワハラの対策!会社に依存しない賢い生き方。


どうしたら、上司のパワハラに対処できるか。

サラリーマンにとっての悩みの種の一つは、上司との人間関係。
上司が優秀で尊敬できる場合なんて、稀!!

多くのサラリーマンは、上司の理不尽な指示・命令、
パワハラに苛まれているのではないだろうか。


私もかつて、東京でサラリーマンをしていたころ、
同じような憂き目にあった。

定時以降の仕事の依頼など日常茶飯事。



私の場合、もっとも辛かったのは、
下記のような経験だった。

●失敗する度、お前はクズだ!と人格否定された。

●失敗を重ねた結果、お前の仕事はない!と叱責され、
 会社の幹部に「仕事をください」と土下座した。


仕事のミスをしたのはわかるけど、
人格否定することまでないだろう。
遅くまで働こうと、残業代がなかろうと、
文句を言わず、家族の時間を犠牲にしてまで
働いているのに、どうして??



どうしたら、パワハラから逃れられるのか、
その対策を一生懸命考え、私はフィリピンへの移住を決意した。


現在、フィリピンでもサラリーマンをしているが、
もちろん仕事で失敗して怒られることもある。

しかし、フィリピンで働いた結果、パワハラへの驚く免疫を
身に着けることができた。

私のように海外へ移住しろ!とステップが飛ぶ前に、
パワハラへの考え方を整理したい。

 

 

パワハラ対策① 怒られる以上の、好待遇に満ちた環境に住む

私は、今、上司に怒られようと平然としている。
その理由は、きわめてシンプル!!

「怒られる以上に、今の会社に所属するメリットが高いから。」

私の場合、30代年収500万円と平均レベルの収入であるが、
フィリピンの物価は、日本の物価の2分の1から3分の2。
普通にしててもお金が貯まる!
家には、プールとジムがあり、ドライバーも要るし、
メイドもいる社長待遇の生活!
仕事もそれほど遅くまで働かずに帰れる。


想像を絶する好待遇!!

こうなると、怒られようと、
「会社においてくださりありがとうございます!!」
精神が自然とあふれる。
これは、意外な気づきだった。



東京で働いていた当時は、給料もそこそこ。

がんばって働いているのに、出費が大きいから、
お金もたまらず、ただ疲弊していく毎日だった。
そこで、上司に怒られたら、余計に元気がなくなり、
溜まったもんじゃない。



でも仮に給料が今の3倍になったら、どうだろう?
得るものが大きければ耐えられる人も
多いのではないだろうか。



今の会社で給料を3倍にするというのは、現実的でない人も
多いと思うが、辞めて転職したとしても、その転職先に
嫌な上司がいる可能性だって十分にある。

その時、パワハラに耐えうるほどメリットがあるかは、

ひとつの基準として持っていてほしい。



ちなみに、東南アジアのような物価の安い国へ、
日本本社から駐在出向する場合は、
給料が日本並みで物価が安く社長待遇の生活ができるので、
おすすえめの転職先の一つだ。


 

パワハラ対策② 会社以外の収入源を持つ


私は、今、フィリピン不動産を中心に、
あちこちの海外投資を行い、収入を得ている。

もうすぐサラリーマン収入を超えようとしている
ところだが、経済的に自由になるのはもちろん、
もう一つは、上司との人間関係に苛まれる必要がなくなる。

これも意外なフィリピンに住んだことで生まれた
意外な副産物だったのだが、サラリーマン収入に依存していると、
首にならないよう、あわよくば出世をするために、
上司にこびへつらいを続けないといけない。

しかし、ほかに経済基盤ができてくると、
いつでも俺はやめられるんだと心の余裕ができ、
自分で人生の軸を握れるようになる。


パワハラがきても、
「おおー、こんなに怒るなんて、なんて威勢のいいやつだ」と
逆に高みから、客観視もできるようになるものだ。


副業やアルバイトを探すサラリーマンも多いと思うが、
ただでさえパワハラの上司の元、身も心も擦り切れる状況では、
なかなかほかの労働に身をささげる時間は取れないだろう。


しかし、サラリーマンは融資を有利にひきやすいという
実は非常に投資家として有利な立ち位置にいるので、
ぜひ有望な投資案件を始めて、心もお金も豊かになってほしい。


 

会社に依存しない 自立した環境を作ることに専念せよ!

根幹にあるのは、依存している限り、自由はないということだ。
サラリーマンとして生きる限り、常にそこには上司という存在がいる。

●もっと好待遇の会社に転職する
●投資などでサラリーマン以外の収入を作る

と聞くと難しいと、思う人もいるかもしれない。

だが、サラリーマンが自由に生きる道は、
いい上司に恵まれるか、自分が上司・役員になるか。

そのためには非常に優秀なサラリーマン戦士になる必要があり、
私は数多くの社内競争を勝ち抜き、役員になるほうが
投資や海外移住よりも、よっぽど難しいことのように思う。


視野を世界へ広げてほしい。

同じような仕事をして、社長待遇の生活を送れる仕事が存在する。
日本にはありえない、年利が10%を超えるな
投資商品が海外には複数ある。

そこに早く気付いた人は、あなたが上司のパワハラで文句を言い、

お酒を飲む間も、あなたが疲れては手、寝ている間も
勝手にお金がお金を増やしている。

住む環境が違えば、同じ家賃なのに、ビーチの目の前で
60円の美味しいビールを毎晩開けている人もいるだろう。


情報は武器だ。
ぜひ、上司のパワハラという日本のある1社の問題を飛び越えて、
海外で自由に、心もお金も豊かな生活をする仲間の登場に期待したい。


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
管理人プロフィール

管理人:町田  海渡 (かいと)

年収500万円、3歳の娘が一人いる
30代サラリーマン平社員。

しかし、その生活スタイルは、
まるで社長!!

ドライバー・メイド・乳母を雇い、
プール・ジムのある家に居住。

昔は、東京で働いていたが、
 ●たまらない貯金!!
 ●とまらない残業!!
 ●見つからない保育園!!
 ●信じられない教育戦争!!
に挫折。

フィリピンへ転職することを決意。
今の社長待遇の優雅な
サラリーマン生活を手に入れた。

娘は3か国語を話す
スーパーガールへと成長中。

⇒ 町田海渡は、頭のネジが5本外れているらしい。

最近の投稿