仕事を辞める、その前に!! サラリーマンである最強メリット


増えない給料、サービス残業、上司のパワハラ。
もうこんな仕事辞めてやる!!

私も東京で同じような環境で仕事をし、
フィリピンへ転職。

ドライバーつき・メイド付きの社長待遇の生活を手に入れた
ある種、転職の勝ち組だと思う。

定時には仕事を終えられるし、物価は安いし、
3歳の娘は英語を話すしと今の生活に不満はないのだが、
一つだけ前の会社を辞めたことに関する後悔がある。



やめる順番を間違えたということだ。

私は、当時、嫌な仕事から逃げ出すことと、
転職活動に精一杯でサラリーマンを続けるという
メリットに気が付いていなかった。

もし、今まさに仕事を辞めようとしているなら、
まず、この記事を目に通してほしい。
辞めるのはいつでもできるが、その前にサラリーマンでいることで、
お小遣いどころか、かなりの資金を回せる魔法の投資が使えることを
知っておいてほしいのだ。


継続勤務したサラリーマンが手にする 究極のメリット「融資」

みなさんは、なぜサラリーマンになったのだろう?

●みんな当たり前のようにサラリーマンになっていくから
●公務員は難しかったから
●起業するほど、自信がないから

様々な理由があると思うが、基本的には、「なんとなく・・・仕事しなきゃいけないし」
という理由で、なんとなくサラリーマンをやっている人が多いのではないだろうか。

それゆえに、考えたことがあるだろうか。
サラリーマンには、どんな特権があるんだろう?

雇用の安定や、福利厚生という意味では、公務員には叶わないだろう。
給料という意味では、起業家や個人事業主に劣るかもしれない。

そんな中、サラリーマンに秀でたあるメリットとは何だろうか?


それは「融資」が引けることだ。
融資とは、簡単にいうと、銀行や国からお金を借りられるとういこと。

日本の長く続くデフレ、低い金利(最近ではマイナス金利)を受けて、
銀行は起業家や事業化にお金を貸し渋っている。

その会社がつぶれると、貸したお金を回収できないからだ。

しかし、銀行の手数料だけでは利益にもならないので、
銀行はどこかにお金を貸さないとビジネスが成り立たない。
そこで、目を付けたのがサラリーマン。

サラリーマンは、継続して仕事をする人が多く、収入も安定しているので、
下手な起業家・事業家よりも貸し倒れが起きにくいと銀行は考えるようになった。

起業家よりも、多額のローンを組める、場合によっては融資を組めるというのが
実はサラリーマンの究極の武器になる。


不労収入を作る考え方! 融資にはいい融資と 悪い融資がある。

でも、お金を借りてどうするの?
お金を借りたら、利息がついてもっと高いお金を払わないといけないから、
融資は良くないんじゃないの?

そう、これが一般的な解釈で、半分正しい。
例えば、どうしても欲しいブランド物のバッグが100万円して、
今手元にお金がない。

でも限定品だから、どうしてほしくて、
お金を借りて、購入したとする。
その場合、当然利息がついて、銀行に110万円払わないといけない。

これは、悪い融資の使い方。
確かにバッグは手に入ったが、普通より10%も高い買い物をしたことになる。


だが、融資には いい融資の使い方が存在する。
例えば、年に100万円の駐車場代をもらえる土地があったとする。
1000万円で買えるが、今はお金がない。

そこで、銀行で1000万円を、20年の返済期間で金利3%で借りたとする。
すると最終的に、1330万円の返済が必要になり、高い買い物に見える。

ところが、月の返済額は5万5千円。
年の返済額は、年66万円。
駐車場の年の売り上げは、年100万円なので、

利益 = 年100万の売り上げ - 年66万円の返済額
   = 年34万円の黒字

となる。

お金を駐車場に投資した結果、自分の現金を1銭も使うことなく、
年34万円、月約3万円のお小遣いを増やすことに成功したのだ。

※わかりやすくするために、税金や減価償却は考えていない。
※ちなみに、公務員は副業が禁止のため不動産投資できない。

今、サラリーマンは、非常に融資が引きやすく、
不動産投資などでは、年収の15倍程度までを
低利率の融資で引くことが可能である。

よって、お金を出さずに年100万円、年200万円を稼ぐ
サラリーマン大家、人によっては月収で100万円を超えるような
サラリーマンが増えてきている。

※ただし、2017年3月現在、オリンピック効果とサラリーマン大家の
 続出で、不動産価格は高く、いい物件は少なくなっているので
 注意が必要。

不動産に限らず、融資金の金利よりも、投資対象の利益が高ければ、
不労収入を作れる可能性があるのだ。

副収入や、アルバイトを懸命に探すサラリーマンもいることと思うが、
ただでさえ平日の日中働いているのに、土日や早朝深夜に
労働をするのは大変なはずだ。

非常に検討の余地がある。


融資を有利にひくためには、勤続年数が重要!!

銀行は融資申し込みをした人が、しっかりお金を返せる人かどうか、
様々な視点で観察する。

年収が高ければ高いほど、金利も下がるが、
もう一つ重要なのは、「勤続年数」だ。

サラリーマンの場合、3年程度の勤続年数があるかどうかが、
高額の融資をひく際の一つの基準になる。
あまりに転職回数が多かったり、2年足らずなどで辞めてしまうと、
次の仕事もすぐにやめてしまうのでは、給料が不安定になるのではと
疑われてしまう。

融資をひき、不労所得を得るためには、少しでも長く
会社にとどまったほうが有利になる。



 

 

次の転職先が上手くいくとは限らない。しっかり足元を固めよう。

よく聞く話だと思うが、次の職場が、いい職場とは限らない。

会社の説得を振り切り、ヘッドハントされたような
人材であれば、問題ないかもしれないが、
上司が嫌だ、仕事内容が嫌だ、給料が足りないなど
ネガティブな要因で転職する場合、
次の職場でも同じような目にあう可能性が十分ある。

どんな職場でも嫌な奴はいるし、つまらない仕事もある。
求人内容にないサービス残業がてんこ盛りだった
なんてこともあるだろう。

その度に転職をしていては、収入も安定しないし、それこそ、
会社の給料に依存しない、不労所得の重要性に気づいたころには、
融資をひきたくても引けない環境に追い込まれてしまう。


フィリピンに来てお金が貯まるようになり、投資の勉強を始めて

私は初めて、この融資という考え方があったことに気づいた。

当時、私も逃げるように転職した立場なので、その気持ちもわかるのだが、
「融資」という考え方を知っていたら、前職在籍時に、
国内不動産を少なくとも2棟買ってから退職していただろう。

上手く回せばそれだけで年200万円の収入を作り上げ、
200万円あればフィリピンでは働かなくても、そこそこの暮らしが
できてしまうからだ。

海外に一度来てしまうと日本の物件を見に行くことも難しく、
非常に日本の不動産の投資をするのが難しくなってしまった。
社長待遇の生活を手にしつつも、この順番を間違えて、
みすみすお金が入るチャンスを逃してしまったのを
悔いてやまない。


 

転職は、いつでもできる!焦らず長期的な視野に立とう。

あなたが、仕事に求めるものは何だろうか?
やりがい、責任感、達成感。

様々だど思うが、もしそこに少しでも「お金」というキーワードが
あるならば、即決で転職をするのを少し待ってほしい。

お金はあれば生活を豊かにするし、ないと生活だけでなく、
心も貧しくしかねない。
1年も2年も待てという話ではない。

不動産投資でも早いと3か月以内で購入可能だし、
私自身、フィリピンの投資をはじめ、不動産以外にも
利率の高く融資を引ける投資は各種知っている。

焦らず、長期的な視野に立ち、今できる条件を最大限利用して、
転職しよう。
「急がば回れ」とはその通りで、しっかり筋道立てたほうが、
結果的にゴールにより早く安全に立てるはずだ。

結婚し、子供もてば、お金も仕事も自由がどんどん
制限されていくと思う。

その中で、抑圧されず、家族円満に人生を楽しむためにも、
しっかり道筋を立ててほしい。

私自身、間違いつつも、転職も海外住も、投資もしてきているので、
ぜひ質問があれば聞いてほしい。

経済的に自立したサラリーマンが増え、家族と笑顔で過ごせる
そんな仲間がどんどん増えていってほしいと願っている。


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
管理人プロフィール

管理人:町田  海渡 (かいと)

年収500万円、3歳の娘が一人いる
30代サラリーマン平社員。

しかし、その生活スタイルは、
まるで社長!!

ドライバー・メイド・乳母を雇い、
プール・ジムのある家に居住。

昔は、東京で働いていたが、
 ●たまらない貯金!!
 ●とまらない残業!!
 ●見つからない保育園!!
 ●信じられない教育戦争!!
に挫折。

フィリピンへ転職することを決意。
今の社長待遇の優雅な
サラリーマン生活を手に入れた。

娘は3か国語を話す
スーパーガールへと成長中。

⇒ 町田海渡は、頭のネジが5本外れているらしい。

最近の投稿