フィリピンの病院は大丈夫?フィリピン医療事情


私がフィリピンに住む際、不安だったことの一つが、
「フィリピンの病院事情」だ。

・途上国の病院って、大丈夫だろうか。

・医療レベルは高いんだろうか。
・言葉が通じるだろうか。
・子供が病気になったら、どうしよう。

しかし、数年すんで思うのは、英語は話せなくても全く問題ないということ。
病院のレベルも非常に高く、日本語で受付してくれるところもある。

ここでは、フィリピンの医療の基本情報を、まず、説明する。

 

 

フィリピンの病院は、最低限から、高度医療まで存在する。

 

●医療レベル:最低限~アメリカ式の高度医療まで。
<例>
 ・貧しいフィリピン家庭向け公立病院。
   医者が常駐していない、処方箋はビタミン剤のみ。
   ※なぜか、この国はビタミン剤がなんでも聞くと思っている節がある。

 ・富裕層・外国人向け高度医療。
   高層タワービル型の病院で、細菌検査室や手術室、広い個室病棟もある。
   ピアノの生演奏やカフェが併設など、ちょっとしたお洒落空間。      


●医療システム: オープンシステム(開放型医療)
   簡単に言うと、かかりつけの登録医を決める制度。
   病院にかかる際は、担当の登録医に連絡し、診察をしてもらう。
   
   <いい点>
   顔馴染みになれば、自分の健康状態や性格も知ってもらえるので、
   自分に合わせた医療方法をしてくれる。
   他の病気を併発しても、ほかの医者への紹介状を書いてくれ、
   重大な疾患の時、たらいまわしにされにくい。

   <悪い点>
   その医者のレベルに応じて、医療費がだいぶ異なる。
   お医者さんが日によって、違う病院で勤務してる時があり、
   そちらに移動が必要なことがある。

 
 ※初めての病院診察等の場合は、電話で予約をし、担当医がいないことを
  伝えれば、病院側が適切な医者をあてがってくれる。

 

 

●医療費:病院の規模、医者の技術によって随分異なる。
   ローカルな公立病院では安い、外国人向けの病院はもちろん高い。
   日本の場合は、国の健康保険のおかげで医療費の3割を
   負担するだけで住むが、こちらはもちろん全額負担。

   私たち家族は、アラバンという高級住宅地にある
   ASIAN HOSPITALを利用しているのだが、

   娘の場合を事例に医療費を紹介する。

 <ケース1>2歳の娘が、高熱を出したとき
   処置:診察、細菌検査、薬の処方
   金額:1800P程度。(4000円程度)

 <ケース2>2歳の娘がデング熱になった。
   処置:診察、個室病棟10日間入院、定期検診、病院食
   金額:65,000P程度(約16万円)
   ※ちなみに、病院食は日本では信じられないほど山盛りで
    毎度似通ったメニューで娘は苦戦していた。

 

フィリピンの医療費は高すぎる? 心配無用な医療保険。

 

日本本社採用で、駐在員の場合、会社が医療保険に無料で
加入させてくれる場合が殆どだ。
医療費を全額負担してくれるものや、医療費要らずでキャッシュレスで、
高度医療を受けられるものもある。
同伴家族も、保険対象になるのか、保険対象でない場合、
自己負担で家族分の枠を増やせないか交渉をしたほうがいい。

現地採用の場合には、Phil Healtという日本でいう
国民保険のようなものも存在する。
安価な保険料で医療費を数割負担してくれるので、
現地採用の場合は必ず加入すること。

ちなみに、私の娘は、会社の保険対象外であり、
デング熱の際は痛い出費になった。
だが、日本のアフラックの医療保険と、国民健康保険の
海外受診申請との組み合わせで、医療費を半額程度
取り戻すことができた。
保険の選び方については、また別の記事にて詳しく紹介する。



英語が話せないのに、病院にかかれるの?

マニラのマカティには、日本人の医師が日本語で診療してくれる
日本人医師会があるので心配無用だ。
インフルエンザや、A型肝炎などの特殊なワクチンも処方できる。
2016年からは、デング熱対策の生ワクチンも接種が可能になった。

●マニラ日本人会診療所
住所:23F Trident Tower, 312 Sen. Gil Puyat Ave. Salcedo Village, Makati City

 

電話番号:02-818-0880 / 02-819-2762

営業日月曜日‐金曜日
     【午前の部】8:30〜11:30、【午後の部】 13:30〜16:00
    土曜日
     【午前のみ】8:30〜11:00
    日曜日:休み

※小児科は、水曜日・金曜日の午後のみ。
※産婦人科は、火曜日・木曜日の午前のみ。



他にも、ジャパニーズヘルプデスクという日本語で電話すると、
代理で近場の病院に予約をしてくれるサービズがある。

<電話番号>02-506-7986

無料で適切な病院を紹介してくれて、病院の出入り口で
日本語を話せるスタッフが出迎えてくれるので、
他の高度医療病院でも問題ない。

※日本語を話せるスタッフが忙しい場合は、診察室までの
 誘導で終わってしまい、お医者さんとは英語で話すときもあるので、
 最低限英語で病状が伝えられるとベスト。

 

 

心配する必要は一切ない。そもそも、人によっては風邪をひきにくい温かい気候。 

そもそも、私自身は、フィリピンの常に温暖な気候が体に合うのか、
この数年1度も病院にかかったことはない。

3歳の娘もデング熱は1回やったものの、やはり温暖な気候のおかげで、
そもそも風邪をひかない。

嫁は、来た当初は水が合わず、よく熱を出したが最近ではなれたようだ。

また、嫁と娘の付き添いで、日本人会診療所も、Asian Hospitalも、
一度、高熱を出した同僚の付き添いで、職場近くの公立の病院にもいったけれど、
医療レベルは十分で、心配にはまるで至らなかった。

医療費の高さは目につくが、保険で私と家内分は全額会社がカバーしてくれるので、
娘が自己負担であろうと、トータル的には日本にいたときより医療費も安く住んでいる。

どうしても不安だという方は、フィリピンに来た際、一度、病院を見に行ってみると
安心するかもしれない。
日本の地方の病院顔負けの大きなタワービル病院にきっと、驚くに違いない。
  


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
管理人プロフィール

管理人:町田  海渡 (かいと)

年収500万円、3歳の娘が一人いる
30代サラリーマン平社員。

しかし、その生活スタイルは、
まるで社長!!

ドライバー・メイド・乳母を雇い、
プール・ジムのある家に居住。

昔は、東京で働いていたが、
 ●たまらない貯金!!
 ●とまらない残業!!
 ●見つからない保育園!!
 ●信じられない教育戦争!!
に挫折。

フィリピンへ転職することを決意。
今の社長待遇の優雅な
サラリーマン生活を手に入れた。

娘は3か国語を話す
スーパーガールへと成長中。

⇒ 町田海渡は、頭のネジが5本外れているらしい。

最近の投稿