フィリピン移住のステップ⑥ フィリピンで持つべきクレジットカードは、JCB!!


フィリピンに移住する前に作っておいた方がいいのが、
クレジットカード!

最近は、クレジットカードを新規に発行した際に、
本人確認郵便でカードが郵送されてくることが多い。

この本人確認郵便は、たとえ血縁のある親族であっても、
受け取ることができず、本人が受け取らなければならない。

また、カードの発送時期も各会社により機関がまちまち。
ひとたび、受け取れないとカード会社に郵便物は戻ってしまい、
次いつ届くのか指定できない。

一度、フィリピンに来てしまうと、
カードの受け取りが非常に困難になるのだ。

フィリピンでもペソ建てのクレジットカードは作れるのだが、
ポイントがたまる有名銀行のカード等だと、年会費がバカにならない。

必ず事前にカードは作っておこう。



 

 

 

どこの会社のカードをつくればいいのか?

 

フィリピンに来る場合、最低2枚は持っておいた方がいい。
まず、ビザか、マスターカードのどちらか1枚。

フィリピンの基本的にどこでも使用ができるし、

銀行ATMに差し込めば、キャッシング機能で、
ペソでキャッシュを引き出すこともできる。

アメリカンエクスプレスやダイーズクラブは、
たまに本当に使えない場所がある。

 

日本円はあるのに現金がないという事態にならないために、
ビザか、マスターカードは必須だ。


絶対に持っておいたほうがいいのは、実はJCBカード

(写真は、フィリピンの三ツ矢堂製麺。)

 

では、もう1枚何を持つべきかというと、
実は「JCBカード」。

このカードが使えるレストランや、ATMは少ないのだが、
JCBカードにはフィリピンで強い力がある。

日本食レストランで使うと、10%-15%割引になる
キャンペーンを張ってくれている有名店が多いのだ。

<JCBカードで割引になる有名どころの日本食店>
●15%OFF

 COCO壱番屋・・・カレー

 三ツ屋堂製麺・・・つけめん

 ペッパーランチ・・・鉄板焼肉

 UCCコーヒー・・・カフェ

 他
 ※ちなみに、個人的にUCCのブラックコーヒーが
  フィリピンのチェーンカフェでが一番おいしい。

 

●10%OFF
 とんかつ新宿さぼてん
 他

 

円建てのクレジットカードだと、ペソへの為替レートに
手数料が数%上乗せされるものの、明らかに10%、
15%OFFになったほうが安い。

ちなみに、三ツ矢堂つけめんのゆずつけ麺の普通盛りは、
270Pだが、これが250P =600円で食べられるようになる。
もはや日本と変わらないどころか、むしろ安い。

使える場面は少ないが、必ず持っておこう。


 

フィリピンで持つべき一番のJCBカードは??

では、どのJCBカードを持ったらいいか?
基本に戻ると、JCBカードは一般店舗では使えるものが
少ないので、年会費は無料であった方がいい。
年会費以上に使用できる場所が可能性が高いからだ。

無料の中で、一番持つべき価値があるJCBカードは、
パスモと一体型になった「ANA TOME CARD」 


<メリット>
●日本に一時帰国する際、電車の切符を買うのが大変でも、
 PASMOを持っていくのも面倒くさい。
 そんな時に、使いやすい。

●ジャックスのエクストリームカードと組み合わせれば、
 ポイント倍率が1・3倍と無料カードの中で、
 一番いいマイルを貯めるポイントカードに早変わりする。

一時帰国で、飛行機に乗る可能性も増えると思うので、
せっかくだから、マイルも合わせてためておこう。


ちなみに、ANAとフィリピン航空はコードシェアをしている関係で、
ANAマイルと、フィリピン航空のMABUHAYマイルは相互に
交換し合うことが可能。
よく使う航空券にマイルを移行し、無料で飛べるように頑張ろう。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
管理人プロフィール

管理人:町田  海渡 (かいと)

年収500万円、3歳の娘が一人いる
30代サラリーマン平社員。

しかし、その生活スタイルは、
まるで社長!!

ドライバー・メイド・乳母を雇い、
プール・ジムのある家に居住。

昔は、東京で働いていたが、
 ●たまらない貯金!!
 ●とまらない残業!!
 ●見つからない保育園!!
 ●信じられない教育戦争!!
に挫折。

フィリピンへ転職することを決意。
今の社長待遇の優雅な
サラリーマン生活を手に入れた。

娘は3か国語を話す
スーパーガールへと成長中。

⇒ 町田海渡は、頭のネジが5本外れているらしい。

最近の投稿